ピアノの練習法が間違っている?知ってほしいピアノ練習のコツ

ピアノの練習法が間違っている?知ってほしいピアノ練習のコツ

一生懸命毎日毎日練習してもちっとも上達せずにピアノから逃げたいと考えている方も多いかと思います。
もしかしたらその練習方法は間違っているかもしれません。
音楽は正しい方法を知ることで上達度スピードを上げることができます。
そこでまずは自分の練習法が間違ったやり方をやっていないかどうか
この記事を読みながらチェックしてみましょう。
そして効率のいい練習法をぜひ知ってください。

実は間違っている練習法

一生懸命練習しているのに全然ピアノが上達しないと悩んでいる方の多くが
間違った練習を繰り返しやって自分に自信をなくしてしまっています。
まずはどうして自分は上達しないのか、間違っている練習法についてご紹介していきます。

練習をひたすらやる

ただひたすら練習したからといってピアノは上達するわけではありません。
確かにピアノを習い始めたことはピアノに触れてどんな間違った方法でも
繰り返すことで一定のレベルにまで上達することはできます。
ですが何の目的もなくただ練習をひたすらやってもレベルが上がれば上がるほど意味がなくなってきます。

毎日の練習も今回弾く曲をいきなり全体からやるのではなく、
序盤の第1節から少しずつ切り取って練習をするというように
考えてどうやって練習すればより上達するかを考えながら練習しましょう。
考えて練習することで効率が上がります。

基本的な練習をやらない

ピアノを習い始めたときに、特に大人から音楽教室に通い始める場合、
演奏したい曲があって音楽教室に入るという方が多いです。

もちろん、好きな音楽だけを演奏したいということ自体は決して間違いではありませんし、
音楽を楽しむためには大切なことです。
ですが、より演奏したい音楽を上達させるためには
リズムや指の動かし方などの基本的な練習をすることで曲の部分部分をより正確に演奏することができます。
ですから弾きたい曲だけでなく、基礎練習用の音楽テキストも始めに練習するのがおすすめです。

毎回最初から弾く

曲というのはずっと一定のリズムだけでは終わりません。
序盤から盛り上がり、終わりまで一定のリズムの上下があります。
平坦なまま曲が終わっていくわけではありません。
そのため最初は簡単でも途中のもっとも盛り上がる部分で
難易度が上がって全く弾けなくなってしまうことがあります。
最初から毎回弾いていても最初の部分は弾けるので弾いている時間がもったいないです。
ですから曲を演奏するたびに最初から演奏するような練習はやめましょう。

レベルアップ!ピアノ練習のコツ

ではピアノをより上達させるためにはどんな練習法を実践すればいいのでしょうか。
効率がグッとアップする効率的なピアノの練習法についてご紹介していきます。

ウォーミングアップ

運動でも最初から100mを走りこむ陸上選手はいません。
プロの陸上選手は最初に入念なウォーミングアップから始めます。

これはピアノの練習も同じです。いきなり難易度の高い曲から練習するのは指も大変です。
いきなり演奏したい曲を練習するのではなく、
基礎練習用のテキストの音楽から練習することで指が動かしやすくなります。
音楽でよく使われるリズムを練習しておくことで
自分の弾きたい曲に使われているリズム演奏がよりやりやすくなります。
ですからピアノを効率的に練習するためにはウォーミングアップを忘れないようにしましょう。

左右片方ずつ練習

ピアノは左右の手を使って演奏します。いきなり両手で練習しても絶対に弾けません。
最初は片手からしっかりと練習することが多いです。

特に右手はメインのメロディーなので練習しやすいです。
片方ずつしっかりと練習することで、それぞれがしっかりと独立した演奏をすることができます。
片方ずつ練習するときはそれぞれ難しいパートが出てくるので
重点的に苦手な部分をゆっくりと練習して合わせることで演奏できるようになります。
全体的に弾けるようになったら、
つまずいてしまう部分を片手ずつしっかりと練習することでスムーズに弾けるようになります。

時間を決める

ピアノを効率的に練習するのではあれば必ず練習時間を決めましょう。
プロの演奏家であれば話は別ですが、仕事や学校があるとどうしても練習時間は限られてしまいます。

ですので、自分の毎日のスケジュールに合わせて練習時間を30分、1時間を決めましょう。
練習時間を決めたらその中で最初の10分は基本的な練習、
弾けるようになった段階であれば一回通して練習し、
つまずいた部分を片方ずつ繰り返す練習を10分行い、苦手な部分をさらに5分重点的に弾いて、
最後に全体を通して演奏するといったように細かい時間設定をすることで効率的に練習できます。
ぜひ練習をするときには時間をしっかりと設定しましょう。

まとめ

ピアノの練習は間違った練習をしているとなかなか上達せず、自分にいらだちを感じてしまいます。
ですから効率的な練習をすることでよりピアノを楽しむことができます。
効率的な練習法はウォーミングアップの基本的な練習から片方ずつ、
そして時間を決めて練習することです。ぜひ効率的な練習を行いましょう。

「サークル音楽」では、苦手部分をどうやったら
効率的にできるようになるかの練習法も指導しています。
お気軽にご相談ください。

鍵盤楽器(ピアノ)について

  • オンラインレッスン
  • リトミック研究センター
  • facebook