レクチャーで素早く上達!ギターレッスンのポイントとは

レクチャーで素早く上達!ギターレッスンのポイントとは

楽器の中でもかなりの人気を誇っているギターですが、独学でマスターすることも可能なものの、
テクニックなどは上級者に教わったほうが早くわかりやすい面もあります。
そこでぴったりなのが「ギターレッスン」です。
今回はギターレッスンについて、レッスン内容や種類などをご紹介いたします。

ギターの種類

ギターは大きく分けて2種類存在しています。
ギターのスキルを身につけると言っても、
どの種類のギターなのかによってテクニックや扱い方に若干の違いがあるのです。
そこでまずはギターの種類をご紹介しますので、
ご自身が望むものを選んでみることから始めてみてはいかがでしょうか。

アコースティックギター

いわゆる弾き語りに最適な種類のギターです。
本体内部が空洞になっており、
弦を弾いた際に出る音がボディの穴を経由して空洞で共鳴し音を鳴らすという仕組みになっています。
そのままでも大きな音を鳴らすことができ、
電気を必要としませんのでいつでもどこでも演奏することが可能というのが特徴です。
フォークギターと同義で用いられることが多いです。
ドレッドノートやOOO(トリプルオー)など様々なモデルがあり、
見た目に大きな違いはありませんがサウンドや音の響きは異なるため、好みのものを選ぶといいでしょう。
ギターの初心者の方は、ギター教室の先生にアドバイスを受けたり、
初心者が弾きやすいギターを選んでいただくことをお勧めいたします。

エレキギター

正式名称はエレクトリックギターといい、
その名の通り電気の力によって迫力のあるサウンドを響かせることが出来るギターです。
バンドのギターと言えばエレキギターのことだと思って間違いありません。
金属製の弦を弾くことによってピックアップ経由で微力な電気信号へと変換され、
本体とアンプと呼ばれるスピーカーをシールドというケーブルによってつなげることで、
大音量へと変貌を遂げるという仕組みになっているのです。
それだけでなく、エフェクターというアイテムを使用することによって、
音質などを変化させることもできるため、非常に豊富な音作りができます。
ストラトキャスターやレスポールなど非常に多くのモデルが存在しており、
フォルムのみならずサウンドの特徴も大きく異なるため、
1本のギターだけというより、複数のギターを使い分けるという方が多いです。

ギターを選択する際の決め手としては、演奏が上手になったらどうしたいのかをイメージすることではっきりするでしょう。
弾き語りがやりたいのであればアコースティックギターが向いていますし、
バンドでギタリストになりたいということであればエレキギターとなります。
決して安い買い物ではありませんので、購入時には沢山の種類を弾き比べた上で決めることをおすすめします。

レッスン内容

ギターレッスンでどのような内容のレッスンを受けるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
張ってある弦を弾いて音を鳴らすという構造は同じですので、
基本的にはアコースティックギターとエレキギターどちらの場合でも学ぶ内容に大きな違いはありません。

まずはギターの構え方やチューニング方法を身につけることから始まります。
安定した持ち方を知るだけでも弾きやすさは段違いです。
チューニングは音を鳴らす以前に欠かせない作業です。
チューニングがしっかりしていないと、
どれだけ正しく弾いても音色はでたらめなものになってしまいますので、常に正しい音が出るように身につけておくべきです。

その後、弦の正しい弾き方に始まり、弦の押さえ方や楽譜の読み方などの基礎を身につけることになります。
チューニングが合っていても、
弦を決まった形でしっかりと抑えることができなければ綺麗な音が鳴りませんので、基礎は非常に重要となります。

そして徐々にコードやバッキングなどの奏法に関する技術を学んでいき、実際に楽曲をマスターすることになります。
はじめは一つひとつの音を鳴らすことで精一杯かと思いますが、
着実に身につけることでいつの日か一曲まるごと演奏することが可能となるのです。
そこまで上達すれば、さらに難易度の高い曲にもチャレンジすることになるでしょう。

個人レッスンとグループレッスンの違い

教室によって個人レッスンとグループレッスンのいずれか、あるいはどちらもあります。
どちらも一長一短ですので、ご自身がどちらのほうが学びやすいのかという観点で決めるといいのではないでしょうか。
その違いについてですが、個人レッスンの場合は講師の方がマンツーマンでレクチャーしてくれるため、
非常に習得しやすいです。
もしも途中で躓いてしまったとしても、ご自身のペースに合わせて指導してもらうことが可能ですので、安心です。

一方グループレッスンの場合には、複数人の生徒を講師が受け持つことになりますので、
個人レッスンに比べるとぴったり指導してもらえるわけではありません。
また、途中で躓いてしまった際に他の仲間を待たせてしまうかもしれないというプレッシャーがあります。
しかし、仲間と一緒に徐々に上達していく中で切磋琢磨することが出来るので、
モチベーションを高く持ち続けることができますし、演奏をマスターした際の達成感はより強いものになるでしょう。

レッスンの相場価格

ギターレッスンの相場価格ですが、月謝8,000円~15,000円程といわれています。
実際には1回いくらというより、月に決まった回数のレッスンを受講できるコースがあり、
月謝という形をとっている教室が多い傾向にあります。
料金形態についても、個人レッスンとグループレッスンどちらであるかによっても異なる場合がありますので、
検討している教室に事前に確認をしておくと間違いありません。

まとめ

ギターレッスンに通うことでみるみる上達することが可能ですので、
まずはアコースティックギターとエレキギターのどちらがいいのかを選んだ上で、
レッスンを受講して演奏スキルを向上させてみてはいかがでしょうか。

「サークル音楽」では、アコースティックギターとエレキギターどちらのレッスンもご用意しておりますので、
詳細をお聞きになりたいということでしたらお気軽にお問い合わせください。

その他音楽について

  • 味娘
  • リトミック研究センター
  • facebook