新型コロナウイルス感染症に対する サークル音楽教室の取り組み

神戸のサークル音楽教室での取り組み

私達サークル音楽教室は神戸にて2009年より個人レッスンだけの教室を開講してきましたが、オープンのその年、新型インフルエンザが流行しその経験を活かし
今回の新型コロナウイルス感染症も教室として、できる限りの対策を行っております。
音楽の教室やレッスンが今後も継続して行うことができるよう、生徒様に安心して通っていただけるよう、様々な取り組みを行っていきたいと思います。

インストラクター、スタッフ、生徒様、にマスク着用をお願いしています

マスク着用 コロナウイルス感染症

マスクは現在不足しており、その効果も様々なことが言われていますが、今できることを行う意味で手に入る間はマスクを着用させて頂いております。

教室に関わる全ての方に協力して頂いております

新型コロナ 対策

教室の各所にご協力のお願いを張り出しさせて頂いております。

コロナ 手洗い

入店時も退店時も皆様に手洗いを行って頂いております。

コロナ手の消毒

手洗いの後は消毒をします。

消毒

手の消毒 コロナ

手の消毒はエタノールを使用し、物が不足する中みんなで協力して探し、今後も続けることができるように頑張っております

ピアノ消毒

レッスンごとに皆様が使うピアノを消毒します。

換気 空気清浄

空間除菌

各教室に空間除菌を配置

空気清浄機

空気清浄機を設置

換気

頻繁に換気を行っています。

お掃除

 

ピアノ椅子消毒

 

ピアノ消毒

 

使用するごとにピアノを消毒

消毒

 

机 消毒

 

ドアノブ消毒

 

入口ドア消毒

 

皆様が触れるであろう箇所は特にお掃除と消毒を強化しています。

 

現在、人が集まる音楽のイベントや教室は大変厳しい状況に立たされていますが、これをご覧のほかのお教室の運営をされている方々、音楽のレッスンを受けるためにどこかのお教室に通われている方々、みんなで音楽を行う場を大切にするために頑張っていきましょうね。

サークル音楽教室

代表 冨士正太朗

  • 味娘
  • リトミック研究センター
  • facebook