神戸市灘区の音楽教室 フルートやオカリナのレッスンのご紹介!

神戸市灘区の音楽教室「サークル音楽教室」から音楽を発信しています!スタッフのきゃなです!

サークル音楽教室のフルート講師、深江亮太先生にインタビュー!

神戸市灘駅区のサークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生にインタビュー

神戸市灘駅区のサークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生にインタビュー

 

こちらはサークル音楽教室でフルートとオカリナのレッスンを教えていらっしゃる深江亮太先生です♪

今日は深江先生にフルートについて、いろいろと質問させていただきました。

私はフルートに関する知識はほぼないに等しかったのですが、深江先生にお話をお伺いしてフルートに対するイメージがまったく変わりました。

今日は私が感じた感動をみなさまとシェアしていけたらいいなと思っておりますので、ぜひ最後までお付き合いください!

サークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生ってどんな先生?

神戸市灘駅区のサークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生にインタビュー

神戸市灘駅区のサークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生にインタビュー

 

深江亮太先生は関西を中心に室内楽、オーケストラで活動する傍、音楽教室・プライベートレッスンで後進の指導も行なっておられるプロのフルート奏者です。

ウィーン・プライナー音楽院でも学ばれていたこともあることから、ドイツ語が得意なんだそうですよ!

 

こちらの動画は深江先生によるフルート演奏による映画『タイタニック』より「My Heart Will Go On」です。

とてもロマンチックな音色が素敵ですね〜♪

 

このようにクラシックだけでなく、深江先生のレッスンでは生徒さんの要望に合わせてポップスなどさまざまなジャンルの曲を練習することができます。

吹奏楽部で練習している曲をレッスンに持ってくる学生さんもいらっしゃいます。

深江先生曰く、「自分の吹きたい曲を吹くのが一番」だそうで、生徒さんの好きな曲をレッスンしています。

 

サークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生にインタビュー

神戸市灘駅区のサークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生にインタビュー

神戸市灘駅区のサークル音楽教室のフルート講師の深江亮太先生にインタビュー

 

深江亮太先生にフルートについて、いろいろとインタビューさせていただきました!

まずはじめに、深江先生が考える、フルートの魅力についてお聞きしました。

私が考えるフルートの一番の魅力は、吹く人によって全然違う音が出るところです。

フルートは吹き手の奏法、体の形がダイレクトに音に反映される楽器です。

例えばピアノを演奏する時、人は鍵盤を押さえますが、実際に音が鳴る仕組みは中のハンマーが弦を叩くからですよね。

弾き手が体を動かしてから、実際に音が出るまでにはいくつか段階を挟んでいます。

管楽器はその段階を挟まず、ダイレクトに反映されますが、その中でもフルートはリード*を使わない分、体と楽器との間を阻むものが何もなく、一番ダイレクトに音に反映される楽器と言えます。

*植物から作られる、とても薄くて小さな板のことです。 クラリネットやサックスを演奏するときにマウスピースに装着して使用します。 息を吹き込んだときにこの『リード』が振動するこ とで音が鳴り、管体全体に伝わって豊かな響きが生まれます。

極論を言ってしまえば、ピアノは単音を弾いただけではプロでもアマチュアでも違いは出ませんが、フルートの場合は違いが出ます。

それがフルートの一番の魅力であり、難しさだと思います。

 

このお話は目から鱗でした!

楽器との距離が一番近いと言えるフルートは、自分の感情もダイレクトに表現できる楽器なのでしょうね。

 

フルートのレッスンは難しい?

初心者は音が出せるようになるまでが難しいというのが、私がフルートに対して持っているイメージでした。

深江先生にお聞きしたところ、必ずしもそうではないということがわかりました。

フルートが管楽器の中でも難しいとされる理由は、口の形の作り方や上手に息を当ててあげないと音が出ないという点です。

ですが、音を出すだけだったら一時間くらいもすれば、大体の人が音を出せるようになります。

良い音を出そうと思ったらやはり練習は必要です。

ですが、練習が大事というのは他の楽器にも言えることなので、フルートだけが特別難しいとは思わないで良いと思いますよ。

お子さんは何歳からはじめられるかお聞きしたところ、

フルートは息が大事なので、大体7〜8歳くらいからはじめられる生徒さんが多いですね。

フルートは他の管楽器と違って、息を半分外に出して吹いています。

実は肺活量はあまり関係なく、息を上手にコントロールする能力が大事です。

 

昔フルートのレッスンをしていて、ブランクがあっても大丈夫?

サークル音楽教室のフルートのレッスンを受講される生徒さんの多くは、学生時代に吹奏楽部でフルートを経験されていた方が多くいらっしゃいます。

長年のブランクを経て、フルートのレッスンを受講されるとなると、不安な気持ちが大きいかもしれません。

そんな方に向けて深江先生からメッセージいただきました。

楽器は続けるに越したことはないと思いますが、ブランクがある方でもフレッシュな気持ちで始めらるという点では、私はそれはそれで素敵だと思いますよ。

きっと不安に感じられるのは、「昔はあんなに吹けていたのに…」という想いがあるからだと思います。

レッスンは上達するためにあるので、はじめから吹けている必要はありません。

新しく始めるつもりでチャレンジしてみてほしいです。

上手になりたい気持ちを大切にして、とにかく楽しんでフルートを演奏してほしいです。

 

とても素敵なメッセージですね。

確かに、とにかく続けることが偉いという風潮のせいか、強迫観念的に楽器と向き合っている人も多い中、いったん音楽から離れた人の方が、フレッシュな気持ちで向き合えるというのはとても納得しました。

ブランクのある方でも、フルートを演奏したいという気持ちを大切に、ぜひまた、音楽の世界に飛び込んで欲しいものですね!

 

フルート経験者の方も、そうでない方も、深江亮太先生のフルートのレッスンを体験しに、ぜひ神戸市JR灘駅前のサークル音楽教室にお越しください!

 

フルート

フルート

初心者の方、ブラスバンドで吹いている方、経験がおありの方も気軽に受けていただけるコースです。
基礎はもちろん、しっかり指導していただけます。
楽譜が苦手な方もご心配なく、親切でやさしい先生が丁寧に指導します。とても楽しい先生です。

まずは無料体験レッスンに来て、フルートに触れてみましょう。

深江亮太 先生            

レッスン詳細

  • 月2回
  • 45分レッスン
  • 月謝 9,900円(税込)
  • 個人レッスン
2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • オンラインレッスン
  • リトミック研究センター
  • facebook